うんぼぼの部屋

趣味の語りや独り言をダラダラと

ポケモン ウルトラサン/ウルトラムーン発売直前

 

はいどうも、ポケモントレーナーのうんぼぼです。

 

今日は僕が好きなゲームのひとつ、ポケモンシリーズより11/17発売のポケットモンスター ウルトラサン/ウルトラムーンの話をしようかと。

 

 

いよいよあと30分弱で発売日ですね。

この記事を書いている今、本気で明日の会社を休もうか考えだしています。

 

1年ぶりのポケモン新作ですが、今回はクリスタルやエメラルドといったマイナーチェンジではなく、サン/ムーンの続編(というよりは平行世界?)のような位置づけですね。

新たなウルトラビーストなども増え、バトルも盛り上がることでしょう。

 

 

レートはあまりやってこなかったんですよね。そもそもポケモンのバトルガチ勢の知識をつけたのが5~6年前なので、XYくらいから厳選とかに手を出したんですよ。

スプラトゥーンとかもそうなんですが、人と対戦するゲームっていうのがあまり得意でなく…。将棋も指すのも好きですが、ほんとにごく稀ですね。観るほうがメインです。

 

七世代に入ってバトル環境がガラっと変わったようですね。あのガブリアスが使用率1位じゃなくなる時代とは、恐ろしいものです。

 

今作は育成環境とかもかなり良くなっているらしいので、ちょっとバトルとかも頑張っていきたいですね。

サンムーンはテテフの厳選に3週間かけて燃え尽きてしまったので…

 

などと書いている間に日付が変わる3分前ですね。

 

 

…よし、会社休もう。

有給日数がまた1日減ったうんぼぼでした。

最長の詰将棋、ミクロコスモス(1525手詰)を脊尾詰に解かせてみた

はいどうも、うんぼぼです。

今日もまた詰将棋の話になってしまいますが…。

 

 

先日ですね、「脊尾詰」を導入したんですよ。

脊尾詰というのは詰将棋解答専用の思考エンジンのことですね。

DLはこちらからできます

脊尾詰ダウンロード(本家サイトへのリンクです)

 

 

前回の記事で詰将棋を作ったはいいんですが、↓

umbobo800.hateblo.jp

余詰めが出てしまう結果となり、不完全作品になってしまいました。

そこでちゃんと確認できる環境を整えようということで、詰将棋用のエンジンを導入したというわけです。

 

脊尾詰って?

この脊尾詰、なんと2017年現在も詰将棋最長手数(1525手)を誇る「ミクロコスモス」を1997年にソフトとして初めて解いた、すごいエンジンなんですよ。

2017年3月14日にフリーDLできるようになり、この記事を書いている2017年11月9日現在ではVer1.2(2017年5月20日リリース)が最新版となっています。

 

 

 

せっかくなので

さて、せっかくエンジンを導入したので、最長手数のミクロコスモスの解答手順を拝もうじゃないかと。また、どれくらいの時間で1525手を読み切るのかも気になるところですね。

まずはミクロコスモスの問題図を見てみましょう。僕は見るのが初めてでした。

f:id:umbobo800:20171109111342p:plain

 

これがミクロコスモスの局面です。攻方の玉以外のすべての駒が盤上に配置されていて、玉方の玉は居玉という美しい形となっています。ミクロコスモスはただ最長というだけでなく、形が美しいというロマンあふれる傑作なんですね。

 

エンジン設定は余詰探索を有りにして1800秒にしています。

メモリは1024MBで解答の時間制限は無限。

この設定で詰将棋解答スタート!

 

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

 

 

f:id:umbobo800:20171109111735p:plain

 

 

早くない?????????

え、まって?3分42秒?で余詰とか全部読み切って「1525手で詰みました」って言ってんの?すごくない?頭おかしいのかな????

 

てっきり10分はかかると思っていたのでビビりました。いや、ソフトは恐ろしいですね。僕が3分42秒かけて解けるのなんてせいぜい5手~7手ですよ。しかも簡単な部類の。

 

ちなみに詰め上がりはこんな感じです。

f:id:umbobo800:20171109112021p:plain

5一にいた玉が1九まで出張してきています。

いったいどんな長旅をしたのかと思って棋譜再生してみたのですが、この玉が上部脱出をしたのは1500手を超えてからなんですね。

f:id:umbobo800:20171109112227p:plain

1504手目△1三玉から▲2五桂△同銀▲1四香△同銀▲同龍△同玉と1四に釣りだしています。

しかし1500手までは、あの1二~7二と6三の地点をフラフラしています。

1段目のと金や成香、9九にいた馬の位置、持ち駒が微妙に変わりながら1500手もの長さを作り上げているのですね。

 

いやあ、面白いものが見られました。

 

当初の目的である、自作の詰将棋の余詰を確認することを忘れ、「煙詰」や「寿」を解かせて遊んでしまいました。

 

みなさんも脊尾詰を導入して、有名な詰将棋を解かせて手順を眺めてみると楽しいと思います。

 

 

以上、また詰将棋を作るも余詰があって凹んでいるうんぼぼでした。

お客様の中に詰将棋を作りたい方はいらっしゃいますか

どうも、下手の横好き代表のうんぼぼです。

 

こないだ「詰将棋パラダイス」をインストールして詰将棋を解いてたんですよ。名前は前から知っていたんですけど、なんだかんだとインストールしてなかったんですね。

 

システムとしては、各問題にレベルが設定されていて、そのレベルと解くまでの時間によって経験値を得ることができるようですね。経験値を溜めてレベルを上げるとより高レベルの問題が解禁され、どんどん難しい問題に挑戦できるようになります。

「成長してる感」があってとてもいいです。

 

ところで、レベル7になると詰将棋創作ができるようになるんですよ。

 

ちょっと前からあこがれてたんですよね、詰将棋創作。

私のあふれ出る終盤のセンスが盤上に炸裂しています。

 

 

今回作った詰将棋

f:id:umbobo800:20171031200213j:plain



9手詰めです。変化が少ないのでわりと簡単かなと思います。

 

 

 

 

 

…気づいた人もいるかと思いますが、余詰めがあります。

ハイ、詰将棋としては失格ですね。一応題名は「春が来た」としていて、穴熊玉を1一から誘い出して詰ます作品だったんですが、余詰めが出来てしまいました。

 

友人に余詰めを発見されてしまい、練り直すことに。

未だに完成していません。

 

 

で、その過程でできた7手詰めがこちらです。こちらも余詰めがあります。

f:id:umbobo800:20171031200208j:plain

 

めちゃくちゃ考えてるんですが完全な作品が完成するに至りません。詰将棋を創作するのは難しいですね。

 

 

 

ウォーズ10切れ3級、終盤力は1.4(記事作成当時)のうんぼぼでした。

次回の記事もよろしくお願いします。

 

 

時間がなんぼあっても足りない!暇つぶしに最適なゲーム「マモノスイーパー」紹介

こんにちは、暇人代表のうんぼぼです。

 

日常生活でどうしても出てきてしまうスキマ時間、ありますよね。

バスや電車の待ち時間、学校の休み時間、家を出なきゃいけない時間までまだもうちょっとあるけど支度は終わってしまって手持ち無沙汰…

 

f:id:umbobo800:20171024103759p:plain

 

そんな時、どうやって時間をつぶしていますか?SNSだったりソーシャルゲームをする人が大半でしょう。

今日はそんなスキマ時間をつぶすのに最適なゲームをご紹介したいと思います。

 

 

 

その名も「マモノスイーパー」

マモノスイーパー

play.google.com

webブラウザ(html5)上で動くweb版に加え、androidではアプリもリリースされています。

以下に公式サイトのゲーム紹介文を引用します。

マインスイーパーにRPGの要素を加えたゲームです。マインスイーパーについてはwikipediaをご覧ください。開いた時の数字は、周りのモンスターのレベル合計、モンスターを開けると戦闘が行われます。戦闘後、勝ち残れば経験値を得ることができます。自分のレベルと同等以下のモンスターは無傷で勝利することが出来ます。全てのモンスターを倒すとクリアとなります。

 

 

マインスイーパーはwindowsに入っていたりするのでご存知の方は多いと思います。

マス目がたくさんあって、その中に爆弾が一定数仕掛けられています。マスをクリックして、出てきた数字を頼りに爆弾の位置を推理して安全なマスをすべて開けばクリアというルールのゲームです。

 

 

マインスイーパーとの違い

マモノスイーパーはマス目の中に、爆弾の代わりにレベルの異なるマモノが潜んでいるわけです。

最初はレベル1からスタートなので、レベル1のマモノしか安全に倒すことはできませんが、地道にレベル1を狩ることでレベル2やレベル3を倒せるようになっていきます。

公式の紹介文にもある通り、まさにRPGをプレイしている気分で、後半になってマーキングしていた高レベルのマモノを一気に開けていく爽快感は一度やれば病みつき間違いなしです!

f:id:umbobo800:20171024112111p:plain

 プレイ画面はこんな感じ。モンスターのドットがかわいい

 

 難易度はEASY、NOMAL、HUGE、EXTREAM、BLIND、HUGE×EXTREAM、HUGE×BLINDの7種類あります。

f:id:umbobo800:20171024111158p:plain

(公式サイトの表記をスクショしました)

BLINDとHUGE×BLINDは終始レベル0なので、マインスイーパーとほぼ同じルールになってしまいますが、「周囲にいる敵のレベルの合計」という仕様のおかげで、本家と違って運ゲーが起こりにくいため考えがいがあります。

 

それ以外の5つは上に書いたようにレベルアップして無双することができます。

RPGらしくHP制なので、あえてギリギリ倒せる高レベルを先に倒してしまって無理やりレベルアップするという強硬手段を取るということもできます。

 

なお、android版は通常クリアのほかにマーキングなしクリア、ノーダメージクリアというアチーブメントが存在するので、慣れてきた人は各難易度でそれぞれに挑戦してみると一段上の歯ごたえを感じることができます。

 

ちなみに私はandroid版で全難易度全メダル獲得しています。

マモノスイーパーマスターと呼んでいいですよ。

f:id:umbobo800:20171024111723j:plain

 

いずれマモノスイーパーで役に立つコツなども記事にする予定です。

お楽しみに!

 

 

それでは今日はこのへんで失礼します。

みなさんもぜひマモノスイーパーで遊んでみてください!

暇人代表、うんぼぼでした。

 

始めていきます

初めまして、うんぼぼと申します。

なんとなく、思いつきでブログをはじめてみました。

 

 

自己紹介

 名前:うんぼぼ

 性別:男

 年齢:20代

 職業:会社員

 好きなもの:将棋、数学、ゲーム(主に任天堂)

 

好きなものに関しては狭く浅くという感じです。

ざっくり書いているのでもっと細かく好みはありますが、そのあたりは今後書いていく記事で明かしていければいいかなと思います。

 

 

 

当ブログの方針

正直言ってこの記事を書いている今でも決まっていません。

好きなことについて語る内容などが多くなるかなと思います。

基本的にはゲーム、将棋がメインになるかな。

更新頻度は最低週1以上を目標にしたいですね。

うんぼぼさんは面倒臭がりなところが多々ありますが、自分で始めたことなので継続していきたいです。

 

 

 

 

はい、こんな感じですね。

ダラダラと書いていくのでダラダラと読んでいただければ幸いです。

今回はこの辺で失礼します。次回の記事もよろしくお願いします。