うんぼぼの部屋

趣味の語りや独り言をダラダラと。かなり将棋色強めの雑記ブログになるかと思います。というかほぼ将棋ブログです。

第59期王位戦第2局・第3局

1週間空いてしまいました、うんぼぼです。

ここ2週間は注目局がたくさんありましたが、七番勝負が進行中の王位戦を取り上げて、王座戦の挑決についても少しだけ触れようかと思います。

 

王位戦第2局

黒星スタートの豊島棋聖が先手の第2局、戦型は居飛車対向かい飛車の対抗形となりました。互いに玉を固めあう、じりじりとした序盤が続きます。最終的には先手が銀冠穴熊、後手が銀冠に組み上げ、1日目の封じ手間近という時間帯でようやく歩がぶつかりました。仕掛けたのは後手でしたが、先手は正確に対応して攻めに転じました。

ここからは穴熊の堅さと遠さが活きる展開で、自玉が安泰な先手の攻めはほとんど緩むことなく続き、穴熊がまるまる残ったまま105手で先手が快勝し、シリーズ成績は1勝1敗の五分となりました。

 

第3局

第3局は菅井王位の先手中飛車に対し、豊島棋聖が角道を開けない左美濃で対抗します。歩と銀が交換になる小競り合いのあと、先手玉は穴熊に潜ってから本格的に攻めていきました。しばらく先手の攻めが続きますが、途中で緩手が出て先手玉にも火がつきます。以降は互いに攻めたり受けたりと白熱の終盤になりました。最後は菅井王位が抜け出して勝利をおさめ、2勝1敗としました。

本局の菅井王位の消費時間は8時間のうち7時間55分と、自身最長の消費時間だったそうです。ちなみにこれまでの最長考慮は本シリーズ第1局での7時間だとか。早見え早指しで知られる菅井王位ですが、タイトル戦を8局指して秒読みになったことがないというのはすごいですね。

 

 

王座戦挑決

中村太地王座への挑戦者をかけた、斎藤慎太郎七段と渡辺明棋王の対局。斎藤七段は昨年の棋聖戦以来、2度目のタイトル挑戦がかかっています。対する渡辺棋王は、当時の糸谷竜王に挑戦した第28期竜王戦以来、3年ぶりのタイトル挑戦となります。この将棋は3五桂に尽きますね。斎藤七段が見事に逆転し、タイトル挑戦を決めました。勝負手からの逆転というのは、やはり観る将的に盛り上がりますね。

ともに女性ファンが多い棋士なので、タイトル戦の現地大盤解説などの男女比率がいつもと変わったりしそうですね。自分も好きな棋士同士なので、できれば1局くらい現地に観に行きたいなと思うのですが…。ちょっと日程的に厳しそうなのが残念です。