うんぼぼの部屋

趣味の語りや独り言をダラダラと。かなり将棋色強めの雑記ブログになるかと思います。というかほぼ将棋ブログです。

ポケモン公式LINEのロトムしりとりにようやく勝った話をしていいですか

はいどうも、うんぼぼです。

 

しばらく前からポケモン公式LINEがロトムのAIになりましたよね。

 

www.pokemon.co.jp

 

これの機能のひとつに「ポケモンしりとり」があるのですが、「ポケモンはかせレベル」の難易度がエグいんですよ。

 

ロトムが先手で、ポケモンの画像を送ってくるところから始まり、それの名前を使ってしりとりをしていきます。解答時間は90秒以内で、3回間違った返答をすると負けとなるのですが、いまは806体ものポケモンがいるので、画像を出されたときにパッと名前が出てこなかったりするんですよね。しかも名前がわかるだけじゃダメで、そのポケモンの名前の最後の文字から始まるポケモンを挙げなければならないので、それを90秒以内にやるのは難しいんですよ。向こうはAIなので即座に答えてくるわけですし、さらにポケモンはかせレベルともなると、「ル攻め」や「ス攻め」をしれっとやってくる強敵です。

一度やってみてくださいマジで。めちゃくちゃ難しいので。

 

今まで何度か挑戦していたんですが、どれも負けてしまっていたんですよ。僕は実をいうとブラック/ホワイトの世代(俗にいう第五世代です)をプレイしていないので、そのあたりのポケモンの名前に疎いのもあってなかなか勝てないでいました。

 

しかし、先日ようやく勝つことができたので記念にブログを書いています。

以下にしりとりの一部始終を載せます。

少し長くなりますがご了承ください。

 

f:id:umbobo800:20171221094003p:plain 

f:id:umbobo800:20171221094013p:plain

f:id:umbobo800:20171221094018p:plain

f:id:umbobo800:20171221094023p:plain

f:id:umbobo800:20171221094027p:plain

f:id:umbobo800:20171221094034p:plain

f:id:umbobo800:20171221094038p:plain

f:id:umbobo800:20171221094043p:plain

 

以上です。

文字にまとめると、

ポカブ△ブーバーバイバニララティオス▲スリーパー△パラススワンナナエトル▲ルギアアマルススナバァアイアントトゲキッス△ストライククレベーススカタンククヌギダママユルドドリュウズズルッググランブル△ルンパッパパチリス△スリーププルリルルカリオオンバットトドゼルガガチゴラススボミーミノマダムムチュールルクシオオーダイルルナアーララティアススカンプープテララムパルドドガース▲スターミーミルタンククレセリアアリアドス 

まで、44手で後手の勝ち

となりました。棋譜っぽく書いてみましたが意外とそれっぽいですね。赤文字がロトムで青文字が僕です。

 

一応解説もしますか。あんまり解説するようなものでもないのですが…

序盤はパッと思いついたので「ス攻め」を意識していますね。そしたらトゲキッスあたりからス攻めを逆用されたので余裕がなくなり、防戦一方になりました。ちょいちょいル攻めもされていますね。ポケモンの名前は「ス」や「ル」、「ン」で終わるものが多いイメージがあるため、ここを攻められると少しキツいですね。しりとり中に「ン」で終わるポケモンが浮かんでしまうと、そればっか頭に残ってしまってかなり厄介です。

しかし後半にまたス攻めを再開したのが功を奏し、アリアドスで勝ちとなりました。アリアドスと返した直後に投了されたので、当時はこれでスから始まるポケモンが出尽くしたのかと思ったのですが、今考えるとスコルピやスピアー、スバメがいますね。スイクンもいますが「ン」で終わるのでアウトです。もしかしたら一定数は残すようにしているのかもしれませんね。

 

スカンプーのところで意味不明な返答がありますが、これは単純にスカンプーの名前が出てこなくて焦ってたんですよ。なんか言うと頭文字を教えてもらえるのは知っていたので、3回までミスれるというのを活かして切り抜けています。なんでもいいと思って「こ」と言ったら教えてもらえなかったので、その時なんか頭にあったオニスズメを答えることで、「プ」を引き出してプテラにつなげています。

何度もやっているとこういうテクニカルなこともできるようになるんですね。ズルではありません。テクニックです。いいですね?決してズルではありません。決して。

3回ミスったら負け、というルールは裏を返せば2回までならミスれる、ということです。ポジティブ思考でいきましょう。ズルではありません。テクニックです。

 

 

今回ようやく勝てたわけですが、感想を述べると「もう二度とやるか」って感じですね。このロトムとやりとりを重ねることで仲良くなると、ウルトラサン・ウルトラムーンでロトムがもらえるシリアルコードをもらえるのですが、それのためにしりとりをやっていたんですよ。

ポケモンしりとりの難しいところは、偏りがあるところですね。音の関係で名前の最後に使われやすい文字と使われにくい文字があるのは仕方ないのですが、そのために想像以上に解答が縛られています。調べながらやれば簡単なのかもしれませんが、自力で挑戦するとなると結構厳しいところはあると思います。

物好きな方は自力で挑戦してみてくださいね。ラリー最長記録とかにも挑むと楽しいかもしれません。僕は絶対にやりません。絶対に。

 

以上、ノーミスしりとりに挑戦するもあえなく撃沈したうんぼぼでした。