うんぼぼの部屋

趣味の語りや独り言をダラダラと。かなり将棋色強めの雑記ブログになるかと思います。というかほぼ将棋ブログです。

ガチ勢じゃなくても数学が好きだと言いたい! 数学好きライト層 心の叫び

はいどうもこんにちは、それなりに数学が好きなうんぼぼです。

 

f:id:umbobo800:20171123110217p:plain

 

 

数学が好きって言うと少しアレな目で見られるじゃないですか。

僕は学生時代、数学の先生には恵まれたようで、尊敬できる人ばかりでした。

先生が好きだと、授業も真面目に受けるようになるので、数学が得意になっていきました。学校で習うような数学は理詰めで考えるような問題も多くあるため、頭がガッチガチに固い僕でも解けるのがうれしいですね。

それによりどんどん数学が好きになっていったんですよね。

 

今でも数学は好きです。特に微積分の分野は解いていて楽しいですね。

微分積分いい気分! とはよく言ったものです。

あとは素数や、○○数といった特別な数字をいくつか知っている程度で、あまり高度な数学の話はできないんですよね。

 

数学が好きだと言うと敬遠されてしまいがちですが、ちょっと数字が好きな程度なんですよ。普段の生活にも数字ってあふれてるじゃないですか。その中に特別な数字が混じっていると少しだけ特別な気分になれるんですよ。それって素敵なことだと思うんですよね。

 

 

ちなみに「素敵」を「素数」とよく見間違える程度には素数が好きです。

この記事を読んだあなたにも、「素敵」を「素数」と見間違えるまじないをかけたので、どうぞこれからは思う存分見間違えてください。

 

 

ミレニアム懸賞問題がどうのとか、素数の規則性とか、なんちゃら関数とか、数学界にはたくさんの謎や難しい概念がありますが、僕みたいなライト層には難しいことはよくわかりません。

でも、例えば「ちょっと計算するのが好きだ」とか、「そういえば学生時代、数学は得意じゃなかったけど角度を求める問題は楽しかったなあ」とか、「三角形ABCの頂点Aを出発し毎秒1cmで動く点Pの問題には苦戦したっけ」とか、「数字をみると素因数分解したくなる」とか、小さいことでも好きなものは好きなんです。

このレベルでなら数学好きかもって人は案外多いんじゃないでしょうか。

 

そういう人ももっと数学好きを自称していっていいと思うんです。どうもハードルが高く思われている。もっと肩の力を抜いてみましょう。

 

 

なんだか論旨がよくわからない記事になってしまいましたが、とりあえず

・僕は数学が好きだけど難しいことはあまり知らないよ

・もっと「数学好き」のハードルが低くなってもいいんじゃないかなあ

ということが言いたかったと思っていただければ。

以上、うんぼぼでした。

 

ちなみに2017と1123は素数ですが20171123=7×2881589なので素数ではないようです