うんぼぼの部屋

趣味の語りや独り言をダラダラと。かなり将棋色強めの雑記ブログになるかと思います。というかほぼ将棋ブログです。

ゼルダの伝説ブレス オブ ザ ワイルドDLC第2弾「英傑たちの詩」感想

はいどうも、うんぼぼです。お久しぶりですね。

 

ここ一週間はずっとゼルダをしていました。

スプラトゥーンポケモンもやっているんですが、私はどっちかというと人と対戦するゲームよりもゼルダみたいに一人で探索するタイプのゲームのほうが好きなんですよね。

ポケモンスプラトゥーンも好きではあるんですが、勝ち負けが絡むとやっぱり疲れてしまいますし。そもそもそこまで自分が上手いわけでもないので負けることが多いんですが、負けが込むとどうしてもイライラしてしまってよくないな、と。なのであまり一人ではやらずに、友人と通話しながらやるくらいになっています。

 

さて、先日ゼルダBotWではダウンロードコンテンツ第二弾「英傑たちの詩」(ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド:DLC(追加コンテンツ) | Nintendo Switch / Wii U | Nintendo)が配信されましたね。ストーリー中でも出てきた、ハイラルの四英傑の掘り下げとなる追加エピソードが楽しみで、情報が発表されてからずっと待っていました。

 

今日、ついさっき第二弾で追加された要素がすべて終わりましたので、感想を書きたいなと思います。

 

ええ、一言でいえば神ゲーでしたね。

「英傑たちの詩」はメインチャレンジが増えるんですが、目的地がストーリー中だとあまり通らないようなところなんですよね。意図して作っているのかは定かではないですが。私は祠をすべて見つけているので、それなりにマップは満遍なく調べているつもりだったのですが、足跡モードで確認してみると、意外とまだまだ探索が足りていない場所がありました。

今作はマップの作り込みがすごいので、隅々まで探索を楽しめるのがウリの一つだと思います。スタッフもどこだったかのインタビューで「気になるところに行けば必ず何かがあるように意識しています」と答えていた記憶があります。なので、やっぱりこうやってまた何かを探して歩きまわるっていうのは楽しいですね。

 

楽しみにしていた追加エピソードもよかったですし、試練の内容もバリエーションに富んでてなかなか面白かったですね。祠もなかなか難しくて、結構時間がかかってしまいました。

クリア後にもらえるバイクでハイラルを駆け回るのも楽しいです。移動がかなり快適になりましたね。見た目もかっこいいですし。

 

Switchを持っている人はぜひゼルダを買ってください。ダイマになってしまって申し訳ないですが、損はしないと思います。ゼルダシリーズは国内より海外のほうが評価高い傾向にあったのですが、今作で国内の評価も高まりましたね。

正直言って私もゼルダシリーズはあまりやったことがないのですが(まともにやったのは夢幻の砂時計と夢を見る島くらいです)、それでも今作は楽しめましたし。ほんとにただ歩いているだけで面白いゲームで、時間を忘れて遊んでしまいます。

いろんな方法で謎解きができますし、戦闘も強制はほとんどないので、あまりゲームが得意ではないという人でも楽しめると思います。繰り返しますが、ほんとにただ歩いているだけで楽しいゲームなんですよ。「あ、あそこ何かありそう」って思って歩いていく途中にまた何か見つけて「あそこ気になるな」ってなって本来の目的を忘れる、みたいなことを何度もやらかしました。とにかく自由度が高いゲームで、また記憶を消してもう一度最初から楽しみたいくらいです。

 

熱く語ってしまいましたが、結局何が言いたいかというと、ブレスオブザワイルドは楽しいぞ、ということです。

持ってる人はぜひ英傑たちの詩をやってみてくださいね!DLCなので追加購入が必要になりますが、満足度は高いと思います。

 

ではでは、今日はこのへんで失礼します。

最近書くことあんまりないし、あっても時間が取れなくてあんまり長い記事書けないのをどうにかしたいうんぼぼでした。